キーボードを学べる学校は案外たくさんあります。


キーボードはバンドでもよく見かけますよね?

 

バンドのグループによって扱っているキーボードも様々です。

Aというバンドではシンプルなキーボードだったけど、Bというバンドではキーボードの鍵盤がいっぱいあるなんていう光景を見かけたことがありませんか?

キーボードの種類は色々ありどれを学ぶかによって音域や弾き方も変わってきます。

どのキーボードで将来自分は活躍していきたいのかも考えながらキーボードを学んでいけるといいのではないでしょうか?

・キーボードって学べるの?

キーボードというと案外自分一人で学べそうなイメージが強くないですか?

 

ドラムやギターはなんだかなじみが薄いから教わらないと明らかにわからない感じがしますよね。

 

しかし、キーボードにピアノのイメージを持っている人もいると思います。そのため、わざわざ学校に通ってまで…とか、学校に通って学ぶ必要性がわからない…なんて思っている人もきっと多いです。

 

ですが、キーボードの学校で検索をかける結構多くの学校がヒットします。これは、やはり需要があるからこその結果だと思います。

上がなければ検索する人はいないですし、生徒がいないコースを開設し続けること本来しないです。こうなったらキーボードのことを学ぶ学校に通うのに価値が見出せませんか?

 

・進化するキーボード!

キーボードなど常にデジタル機器は進化をしています。音楽業界でやっていくのであればそのような最新機器を扱えるようになっておく必要があります。

自分一人では最新機器がでるたびに新調するわけにはいきませんよね?

 

数千円で買えるくらい安価であればいいですが、最新のキーボードがそんな安価なはずがありません。

こんな時にやはり使い勝手がいいのが専門的な学校ということです。

 

このような環境は最新のものを導入する傾向が強いので、自分のお金を出さなくても最新のキーボードを使用することができる可能性が高いです。

もちろん自分で学ぶことも大切です。しかし、一人の限界も確かにあります。

 

将来キーボードを扱った仕事をしたいのであれば就職実績のいい学校を選んで進学するのも一つの手です。

 

一人で学んで趣味程度にするのかキーボードを使った仕事を目指したいから学校に通うのかを考えていきましょう。

 

Posted by admin in